心の断捨離を終えるまでの記録

そろそろ出口をみつけたい

憩い部ツアーに参加して

4月1日に気持ち悪いブログを書いた通り、青春時代に出会い、干支一周以上の時間をかけて追いかけてきた本命バンドが解散したんですよ〜。あれからもう6ヶ月。時間が経つの早すぎない??私の心まだベコベコなんですけど。元の形すら思い出せないくらいベコベコなんですけど。毎月ヘラヘラと総括ブログ書いていますけど、私いまだ死にそうです。とは言え、時間は止まってくれず、憩い部ツアーも終わってしまったのでとりあえず自分メモで憩い部ツアーの感想でも書いておきます。

 

ところで、前回の大阪・東京の憩い部ライブってチケット存在してるんか?????っていうくらいチケットとれなくなかったですか?結局最後の最後までチケットが手に入らなかったんで私の中では存在しなかった公演になってるんですけど。で、前回と同じ結果だけは絶対に避けたいと思って、今回はスケジュール的に行ける公演全部先行申し込んだんですよ。そしたらどうなったと思います?

 

仙台だけ当たりました。

 

何故。一公演だけ当てるなら東京ちゃうんか。周りはみんな東京公演当ててたので絶望でした。いや仙台でもいいよ、どこでも行くよ。でもyouさん、kiyoさん、shujiさんの音を聴きに行くだけが目的じゃないからさ〜〜。大好きなジャンナーさんにも会わせてくれよ〜〜。ってメソメソしました。でもメソメソしててもチケットは手に入らない。一般死ぬ気でがんばりました。そして勝ち取ったBチケ!Bチケなんて久しぶりに見たけどイープラスありがと~!一般チケわりかしご用意してくれるイープラス好き!

 

ということで今回のツアーは2公演参加しました。かと言ってレポを分ける気はないので、仙台のことと東京のことが入り交じっていると思います。出来る限り(仙台)とか(東京)とか書きますけど、記憶力に自信ないおばさんなので…間違っていても大目にみて…。

 

早速ですけど「夢幻花」スタートってなんですか。
「eternal heart~夢幻花~」?!突然すぎて「え…この曲聴き覚えある…たぶん…ある…え…なんの曲だっけ…」って混乱したし、悲しすぎて泣きそうだった。こんな感じでライブが進んでいったら私ライブが終わる頃には死んでいるのでは?ってわりかし本気で心配になりました。なんならshujiさんのドラムが鳴った瞬間から私の涙腺決壊してるんですよ?やばくないですか?

 

でもそのあと準備運動用の曲(「welcome to 憩い部」でしたっけ?)がなかなかにギャグみたいだったので助かりました。各メンバー半笑いの\緊張してます!/コールめちゃくちゃ可愛かった〜〜〜〜。え~~~~おじさんたちみんなかわいすぎる。kiyoさんの笑顔ずっとかわいかった。ヘドバンも拳もある準備運動曲、オバンギャに優しい。クエン酸も入れてきたけどまさか準備運動までさせてくれるなんて。お気遣いありがとうございます。

 

今回のツアーって前回の渋谷、大阪と構成一緒なんですよね?行けなかったライブのレポを読んだところでどうにもならないし、行けなかったことを悔やむばかりなのでほんとに何も情報入れなかったんですけど、曲と曲の間にジャンヌ曲入れてくる構成なのは知っておきたかった!

「Labyrinth」きた瞬間ウッッッッッッッッッてなりました。嬉しいのかつらいのかよく分かんないけどウッッッッッッッッッてなりました。さっきまで安室ちゃんの曲だったじゃん…むり…。しかもそのまま曲が続くんじゃないかって思い始めた頃に本曲に戻る。つらい。いやまあyasuさんボーカルじゃないジャンヌの曲とか聴きたくないんだけどさ。もっというとベースもka-yuさんじゃなきゃっていうのもあるんだけどね。でもこうやって憩い部に力を貸してくださる典二さんには感謝しかないので典二さんだからどうのこうのっていう話ではありません。田澤さんも典二さんありがとう。

 

セトリは基本平成の名曲カバーだったんだけど、世代の問題なのかジャンルの問題なのか分かんないけど「この曲だれの曲だろう…」って曲も結構あったなあ。田澤さんのお歌が相変わらずめちゃくちゃうまいから知らない曲も聴いてて楽しかったけど。中でも嵐の「Monster」は最ッッッッッッッッ高にかっこよかった。アレンジがかっこよすぎて途中まで何の曲か分からなかったけど。絶対円盤にならないだろうけどこの「Monster」音源ほしい。

 

あといきものがかりの「SAKURA」はさ〜〜〜〜。kiyoさんのキーボードで始まった瞬間、「あ、これ絶対「桜」くるやつだな」って思ってしまってその時点からわりかし心不安定だったんですけど、案の定kiyoさんが「桜」演奏するじゃないですか。みんなどんな気持ちで聴いてたの…?私もうこの時点で既に瀕死だったですけど。ka-yuさんの曲は本当にたくさん素敵な曲があるけど、「桜」ってその中でもやっぱり特別で。そんな曲がここで演奏されるなんてもう泣く以外ことできないし、終わったあと放心状態でした。

「SAKURA」のあと、ステージの幕がしまったときはもうこれ以上心殴りつけるのやめて………という気持ちでハラハラしましたが、お通夜状態を一発で叩き割る田澤さんとkiyoさんの「もののけ姫」はなんかもうどんな選曲なの。田澤さんお上手だし笑っていいのかなんなのか。と思ったら田澤さんの後ろにkiyoちゃんおるし~~~。なんなん。ゆっくり田澤さんとkiyoちゃんが背中合わせながら半回転し、マイク持って口パクするkiyoさんが表にきたときはもう「米良さんwwwもうwwwほんとにwww似てるwww」って笑うしかなかった。感情忙しすぎない?

 

「誰が米良さんやねん!!!!」(kiyoさん)

 

こっちが聞きたい。誰が米良さんやねん。そのあとなんかのきっかけでkiyoさんがいきなりステージ上で眠るっていう流れだったんだけど仙台かなあ…寝る体制が全然決まらなくてずっとモゾモゾしてたのかわいかった。「王子のちゅーで目を覚ます」的なノリでshujiさんがkiyoさんにちゅーしようとしたとき「youさんのほうがまだマシ」みたいなこと言ってたのもしぬほど笑った。

 

「D.E.B.U」はこの期に及んで何故パワーアップさせたのか分からないけどパワーアップしてたおかげで更に楽しかった~~!「D.E.B.U、でぶ~!」って叫ぶkiyoさん観ながら45歳になってもこの曲を歌ってくれるとは思わず感動した。そんな曲じゃないのに。あ~~~kiyoさんのお声好き~~~。むちむちの手でマイク持ってめちゃくちゃに叫ぶkiyoさん好き~~~。

 

田澤さんセレクトによる10曲メドレーもなかなかによかったなあ。スピッツの「ロビンソン」、ミスチルの「シーソーゲーム」はビビビッときた。「年代がすごく限定的になってしまった」って言ってたけど田澤さんよりだいぶ下の世代でもわかる10曲を選んでくれててちゃんとした人だなって感じた。その中でshujiさんのドラムソロ、youさんのギターソロをリクエストしてくれたのもう…どうしたの…どうしてファンを泣かせにかかろうとしてくるの…。城ホールのyouさんの映像もう泣くしかなくて。あれから14年経ってまさかJanne Da Arcが解散するとは思わなくて、映像の中のライブではyasuさんもka-yuさんもいるのに、いま私の目の前にはyouさんとkiyoさんとshujiさんしかいなくてって心が混乱して泣きました。

 

そのあとのMCはカンペ観ながら3人が横並びになって色々なことを伝えてくれいたんだけど、どんな言葉を聞いても解散している事実は変わらないから最初から最後まで聞いているのがただただつらかった。その中でshujiさんがツアー中に泊まってたホテルで「yasuが泣きながら『まっつんにこんなこと言われた』って言ってきたことがあった」「『酔ってて言ってしまったんちゃうん』って深く考えず言ってしまった」(正確な言葉忘れてしまったから、ニュアンス)って言ったときに、yasuさんはたくさんのことを抱えながら頑張っていたんだなあって、もっと早くにバンドを手放していてもおかしくなかったのにあの日までバンドを手放さずにいてくれたんだなあって、申し訳ない気持ちがじわじわと溢れてきて。ただ、いまも思っていることは4月1日のときと変わらないんですよね。なおさら何故ka-yuさんの道を強制的にでも方向転換させなかったのか、と思ってしまう…。私いいファンじゃないからそう思ってしまうんよ。ごめんな。

 

これもカンペ内にあったセリフだから仙台でも東京でも聞いた言葉なんだけどshujiさんがka-yuさんのこと「華のあるベーシストでしょ?」って言ったのもう本当にそれなんだよ!!!って半ギレで頷いてしまった。私が楽器として憧れたのはベースだったんだよね。かっこよかったんだよ、ka-yuさんが。ベースを弾くka-yuさんがめちゃくちゃかっこよかったんだよ。ずっと言ってるけど、私にとってka-yuさんはヒーローだったんだよね。しかもこの言葉をshujiさんが言うのがね。なんかもう自分の感情がよくわからんかった。しかも東京では「バンド始めたばっかりの頃、映像を観てベースうまいな~って思った」とも言ってて、そんなんもう泣くしかないじゃん。

 

kiyoさんがka-yuさんのことはいまでも仲間だと思ってるって話したときにここたぶん会場ごとにエピソード変えてるんだと思うんだけどka-yuさんとの思い出を話してて。仙台では「去年だか一昨年だかに、3日連続で夜中にLINEがきて飯テロされた」。東京では「キーボードを持ってka-yuの家に行たら、階段あがるときに気遣ってキーボード持ってくれた」「闇の月をあなたに…はka-yuが作曲で、そこに僕がメロディをのせて(いやメロディをのせたのはyasuさんだったかな…kiyoさんはお手伝いだったかな…)。クレジットにはka-yuの名前しか載せてなかったら、『名前載せたらええやん』って言われた。確かお昼を食べに行ったあと。めっちゃ覚えてる。」ってエピソード話してた。同じバンドのメンバーでる前に、10代からの友達なんだよなあ。こんな終わり方してほしくなかったけど「いまでも仲間だと思ってる」って言葉の通り、この先も仲間だと思っていてほしい。道は違っても仲間だと思っていてほしいな。

 

そんなMCのあとに「シルビア」ですよ。yasuさんかファン以外が歌うのは違うっていう気持ちは嬉しいけど、いやこの話きいた後に歌うのつらくない?!涙止まらなさすぎて声出ないけど大丈夫?!東京は歌えたけど仙台は案の定まったく歌えなくて逆に笑えた。でも「シルビア」でよかった。大阪では最後の最後に「Stare」やったって話だけど、この「Stare」で「感動した」って感想書いてる人すごいな、強いなって思う。私は「5人じゃない「Stare」とか無理では?!」ってなってしまう。爆寸は5人での音源を流してくれるからいい。でも今回は、yasuさんのボーカルもka-yuさんのベースもないわけで。そんな「Stare」聴きたくないよね…?!悲しみマシマシじゃん…。

 

ついでにいうと最後のDAMIJAW「永遠の星座」、Acid Black Cherry「20+∞Century Boys」はいろんな思いがありすぎて私の中ではなかったことになっているので、この2曲に関しては触れることはありません。

 

そう言えば、終演後、東京はお見送りなかったですね。そこは仙台に行ってよかったな~って思いました。いままでも、これからもJanne Da Arcが世界一大好きだって直接伝えたかったので。とは言え、メンバー目の前にしたら泣いて1/3も伝えられなかったわけですけど。というか当たり障りのないことしか言えなかったんですけど。

 

shujiさんには「おつかれさまでした、好きです」って脈絡のないことを言い、kiyoさんはあまりにも可愛すぎたので口がすべって気づいたら「今日も世界一かわいかったです」って言ってた。もうさ~ツイッターにもかいたんだけど笑う瞬間に下を向くkiyoさん世界一かわいくない?!その姿を目の前で拝めてしまってもう私は…かわいいと言うことしか出来ず…。こんなに近くでお会いするのkiyo風呂のブログ本お渡し会以来だけどあの頃から変わらずかわいい…。世界一かわいい…。

youさんには無事に「これからも世界で一番大好きです」って伝えてこれたのでまあ及第点かな。しかも「嬉しい」「ありがとう」って言ってもらえてむしろこっちが嬉しいしありがとうだよ~~~~~~~~~泣く。

 

長くなってしまったし、自分にしか理解出来ないようなレポートになってしまったけど思ったことを書き残したかったのでとりあえずはこの形で。また何かあれば追記していきます。

 

憩い部ツアーおつかれさまでした!