心の断捨離を終えるまでの記録

そろそろ出口をみつけたい

ラジオは最高のエンターテイメント2

(もう4月なのに)改編情報に追いつかなくててんやわんやなのでとりあえずざっと各局の番組情報を流し見して自分なりの一週間のラジオスケジュールを作成…!前回時間も入れたけどradikoのタイムフリーで聞いている自分に時間はあんまり関係ないな、ということで番組名と局名のみ。

 

●月曜●

たまむすび(TBSラジオ

パンサー向井のチャリで30分(ニッポン放送

かまいたちの ヘイ!タクシー!(TBSラジオ

菅田将暉オールナイトニッポンニッポン放送

 

●火曜●

たまむすび(TBSラジオ

西川貴教のちょこっとナイトニッポン!(ニッポン放送

 

●水曜●

たまむすび(TBSラジオ

ナイツ ザ・ラジオショー(ニッポン放送

西川貴教のちょこっとナイトニッポン!(ニッポン放送

山里亮太の不毛な議論TBSラジオ

 

●木曜●

たまむすび(TBSラジオ

西川貴教のちょこっとナイトニッポン!(ニッポン放送

ぺこぱのオールナイトニッポンX(ニッポン放送

ハライチのターン!(TBSラジオ

マヂカルラブリーオールナイトニッポン0(ニッポン放送

 

●金曜●

西川貴教のちょこっとナイトニッポン!(ニッポン放送

相葉雅紀レコメン!アラシリミックス文化放送

バナナマンバナナムーンGOLDTBSラジオ

三四郎オールナイトニッポン0(ニッポン放送

和牛のモーモーラジオ (文化放送

ミキの深夜でんぱ! (文化放送

チョコレートプラネットの東京遊泳 (文化放送

宮下草薙の15分(文化放送

MOZAIKU NIGHT FRIDAY~J's EDITION ROCK LINE~(bayfm

 

●土曜●

ラジオのあさこ(文化放送

村上信五くんと経済クン(文化放送

トレンディエンジェルのPePePeラジオ(文化放送

TAKUMIZM(bayfm

オードリーのオールナイトニッポンニッポン放送

 

●日曜●

土田晃之 日曜のへそ(ニッポン放送

ハライチ岩井 ダイナミックなターン(TBSラジオ

BAY STORMbayfm

ラジオは最高のエンターテイメント

基本ラジオはタイムフリーで楽しんでいるため、途中からどの番組を聞いて、どの番組を聞いてないのか分からなくなってくる(記憶力の欠如)。ということで、自分用のラジオタイムテーブルを作ってみた。(2021春改編前)

 

●月曜●

13:00~15:20 ナイツ ザ・ラジオショー(ニッポン放送

19:10~19:40 パンサー向井のチャリで30分(ニッポン放送

21:30~22:00 かまいたちのヘイ!タクシー!(TBSラジオ

25:00~27:00 菅田将暉オールナイトニッポンニッポン放送

●火曜●

13:00~15:30 赤江珠緒たまむすび (TBSラジオ

21:40~21:50 西川貴教のちょこっとナイトニッポン!(ニッポン放送

●水曜●

13:00~15:30 赤江珠緒たまむすび (TBSラジオ

21:40~21:50 西川貴教のちょこっとナイトニッポン!(ニッポン放送

25:00~27:00 JUNK 山里亮太の不毛な議論TBSラジオ

●木曜●

13:00~15:30 赤江珠緒たまむすび (TBSラジオ

21:40~21:50 西川貴教のちょこっとナイトニッポン!(ニッポン放送

24:00~25:00 ハライチのターン! (TBSラジオ

●金曜●

21:40~21:50 西川貴教のちょこっとナイトニッポン!(ニッポン放送

25:00~27:00 JUNK バナナマンバナナムーンGOLD

25:00~27:00 三四郎オールナイトニッポンニッポン放送

25:30~26:00 和牛のモーモーラジオ(文化放送

26:00~26:30 ミキの深夜でんぱ!(文化放送

26:30~26:45 チョコレートプラネットの東京遊泳(文化放送

26:45~27:00 宮下草薙の15分(文化放送

●土曜●

7:00~9:00 ラジオのあさこ(文化放送

9:00~10:00 村上信五くんと経済クン(文化放送

24:00~24:30 嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス文化放送

25:00~27:00 オードリーのオールナイトニッポンニッポン放送

●日曜●

12:00~13:40 土田晃之 日曜のへそ(ニッポン放送

17:30~17:40 サンドウィッチマンの東北魂(ニッポン放送

22:00~22:30 BAY STORM

2020年2月~12月の総括

「2020年」という字面に近未来を感じて感動していたのも束の間、もう年の瀬です。まさかこんな暮れに…というか大晦日まで総括を引っ張ることになるとは思いもしませんでした。

 

今年は本当に大変な一年であったことは語らずも皆さんご承知の通りではありますが、まさかこんなSF映画みたいなことが現実に起こるなんて。地球滅びるのかな?とわりかし本気で思ってるんですがどうなるんでしょうね。先が見えなさすぎてストレスではありますが、周りの人々はもちろん、推しのみなさんが健やかに、幸せに乗り切ってくれることを願うばかりです。

 

私自身は2月の推しさまの現場を最後に、その後7月に推しさまの活動が再開するまで約半年現場をお休みしていたのですが、現場復帰したときめちゃくちゃ大変でした。チケットの取り方を忘れ、先行のスケジュール感も忘れ、当日の持ち物も忘れ(特に双眼鏡)、ブルーベリーサプリも飲み忘れ…。いや全部忘れてるじゃん。今まであんなにチケット関連の日程忘れず覚えていたのに、ブランクが長かったのか、全然日程が覚えられない。当日には朝起きて「今までどんな格好で現場行ってたっけ?????」ってなる始末。半年も離れるとこんなになってしまうのか、と驚きました。現場復帰してからも数が減った(というか身体がついていかなくなって減らした)のでお休み前の状態に戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。

現場復帰して変わったことと言えば、入場の仕方やグッズの販売方法、ソーシャルディスタンスを保った座席指定が大きいですね。一席あけての座席指定は正直いってかなり快適です。最高です。隣がいないだけでこんなに心穏やかになるのかっていうくらいのびのび出来ています。この座席配置に慣れてしまったら、もとに戻ったときかなりしんどいんだろうな~。

とは言え、"""いつもどおり"""に戻るまでにはまだまだ時間を要しそうなので気を緩ませることなく、出来る限りのことをしながらゆっくりと現場に通おうかと思います。

 

さて、2~12月の総括です。

 

 

【01】ミュージカル『テニスの王子様』全国大会 青学vs立海

日程:2020年2月11日

会場:TOKYO DOME CITY HALL

費用:7,900円

(チケット:6,300円/その他:1,600円)

 

【02】「浅草花やしき探偵物語 神の子は傷ついて」公開記念舞台挨拶イベント

日程:2020年7月11日

会場:ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場

費用:5,860円

(チケット:2,860円/グッズ:500円/その他:2,500円)

  

【03】科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』綺伝 いくさ世の徒花 改変 いくさ世の徒花の記憶

日程:2020年7月29日

会場:品川プリンスホテル ステラボール

費用:9,930円

(チケット:8,130円/その他:1,800円)

 

科白劇とってもよかったです。語り手の方がプロの講談師ということもあって、溢れ出る緊迫感がダイレクトに心に届くので手に汗握りました。映像と合わせた最低人数での殺陣は、いつもなら流し観してしまうところをひとり一人じっくり観ることが出来たのでいい機会でした。

 

【04】「タカトーク 2020」

日程:2020年8月23日 15:00

会場:有楽町朝日ホール

費用:6,000円

(チケット:4,200円/その他:1,800円)

 

ゴミ捨て場の決戦を前にたかとさんとしょ~りさん二人揃ってのイベントに参加出来てよかったです。滲み出る仲の良さが最高。

 

【05】メリー「5 Sheep Last Tour」

日程:2020年9月13日

会場:HEAVEN’S ROCK熊谷 VJ-1

費用:9,130円

(チケット:5,430円/グッズ代:1,500円/その他:2,200円)

 

今でこそ有観客ライブもそこそこ増えてきていますが、このときはまだライブにお客さんを入れるのは早いのでは?という空気が世間にも流れていた頃で、私も正直まだライブを再開するには厳しいのでは?と思っていました。でも「5人のメリー」にはタイムリミットがあって、この前に行われた高崎公演もチケットはとっていたものの参加を諦めていた私としては、ここでライブを観に行かなかったら「5人のメリー」にはもう二度と会えなくて、そうなると観に行かなかったことを人生の最後まで後悔するんだろうなと思ったので、個人で出来る予防対策をして参加しました。

状況が状況なのでステージと客席の間にはクリアボードが立っていて、且つ客席にはマス目が引かれていて立ち位置が限定されていました。そのマス目の中で声を出すことなくライブを楽しむ。おばさんなので立ち位置が決められているのは有り難いのですが、ソーシャルディスタンスになっているのかと言われたらそこまで距離が確保されているわけでもなく、且つ2人以上で来場していれば結局待ち時間に会話もするわけで、対策という点では与えられた環境の中で、手探りながらも最低限のことはしましたって感じでした。

ライブはなんだか不思議な感じでしたね。でもかっこよかったです。

 

【06】舞台「文豪とアルケミスト 綴リ人ノ輪唱(カノン)」

日程:2020年9月19日

会場:品川ステラボール

費用:22,930円

(チケット:15,330円/グッズ:5,800円/その他:1,800円)

 

観劇後にうっかりゲームをはじめてしまいました。

 

【07】メリー「5 Sheep Last Tour」

日程:2020年9月19日

会場:日比谷野外大音楽堂

費用:7,320円

(チケット:7,000円/その他:320円)

 

諦めるためにチケットをとらなかったのに、諦めきれなくて当日券でライブを観に行ってしまいました。健一さんラスト公演。Happy lifeではじまり、Happy lifeで終わった野音。最高にHappyな空間でした。賛否両論あるなかでのツアー実施、寄付金に関してもどうしたいのかまったくよく分からない感じで叩かれたりもしていましたが、ステージに立つ5人と、5人が生み出すサウンドはメリーでした。

MCではまさかテツさんがあんなに涙するとは思っていなくて。その姿をみたらこれが本当に本当に最後の5人のメリーなんだなって実感がわいてきて悲しくなってしまいました。5人のメリーでなくなってしまうのは悲しいけど今まで観てきたメリーのライブはどれも最高だったし、今までの楽曲も最高だし、健一さんを含めて5人のメリーに出会えてよかったなって感じです。

 

【08】ミュージカル『刀剣乱舞』髭切膝丸 双騎出陣2020

日程:2020年10月2日

会場:舞浜アンフィシアター

費用:11,830円

(チケット:9,830円/その他:2,000円)

 

【09】LIVEミュージカル演劇「チャージマン研」R-2

日程:2020年10月17日

会場:新宿FACE

費用:13,280円

(チケット:11,880円/その他:1,400円)

 

【10】演劇「ハイキュー!!」“ゴミ捨て場の決戦”

日程:2020年10月31日

会場:TOKYO DOME CITY HALL

費用:25,350円

(チケット:9,000円/グッズ:14,750円/その他:1,600円)

 

試合後の挨拶でしょ〜りさんが泣いていた姿を観て「ああ、本当に最後なんだな」と実感しました。初日を迎えゴミ捨て場の決戦がスタートを切った瞬間ではあるけどもそれまで稽古を積んできた彼らにしてみたら卒業へのカウントダウンが本格的にはじまった瞬間なんですよね。こんな大変な中、細心の注意を払い稽古に臨み、日々を過ごし、そして熱い想いをもって舞台に上がってくれているんだなと思ったら感謝しかなくて泣いてしまいました。

 

【11】ミュージカル「刀剣乱舞」~幕末天狼傳~

日程:2020年11月18日

会場:TOKYO DOME CITY HALL

費用:9,320円

(チケット:7,720円/その他:1,600円)

 

【12】演劇「ハイキュー!!」“ゴミ捨て場の決戦”

日程:2020年12月4日

会場:TOKYO DOME CITY HALL

費用:10,600円

(チケット:9,000円/その他:1,600円)

 

【13】【14】演劇「ハイキュー!!」“ゴミ捨て場の決戦”

日程:2020年12月13日

会場:TOKYO DOME CITY HALL

費用:18,150円

(チケット:16,550円/その他:1,600円)

 

私にとってゴミ捨て場の決戦は、原作だけではなく、アニメだけではなく、舞台だけではなく、全てを網羅してやっと完結する試合だったんだなあと感じました。どのコンテンツで観ても最高の試合でしたね。どれも心を鷲掴みにされるほどのインパクトがある試合で、でもその中でもハイステは生身の人間が目の前で演じているからこそ熱気と心の移り変わりがダイレクトに伝わってきて最高の試合でした。

その一瞬一瞬すべてが私の中でハイステ史上最高の瞬間だったんですが、特に大楽は研磨の「まだボール落ちてない!」、「終わらないでほしい!」の声の張り上げ方が本当に力強く、切実さが感じられて、観ているこちらとしても「終わらないでほしい」と願わずにはいられなかったくらいです。ボールを繋ぐ音駒の姿は本当に頼もしく、愛おしかったです。私がハイステに出会ったのはこの日のこの公演を観るためだったんだと思ってしまうほど最高の公演でした。

 

【15】【16】「Go to Mii

日程:2020年12月20日

会場:YMCAアジア青少年センタースペースYホール

費用:22,600円

(チケット:21,000円/その他:1,600円)

ロンドン・パリでの愉快な9日間⑨:DAY8~9 PARIS→TOKYO

f:id:licht-31:20200825211716j:plain

やってきてしまいました。最終日。楽しかった思い出を胸に日本に帰ります。帰りたくないけど。

ちなみに最終日の当初のスケジュールは、オランジュリー美術館→ギメ東洋美術館→オペラ座シャルル・ド・ゴール空港。夜便ではあったのですがわりかし余裕をもったスケジュールを組んでいました。というのも、時間が余れば空港近くにあるショッピングモール「Aeroville」に行きたかったんですよね。結局行く時間なかったんですけど。

 

ここまでの旅行記まとめ

8:00 ホテル出発

最終日までこんな早くにホテルを出なくてもいいのに…と思いながらも結局モンマルトルの丘まで行くことになってしまったので早めにホテルを出発しました。

8:40 モンマルトルの丘

f:id:licht-31:20201004223729j:plain

パリの街が一望出来るモンマルトルの丘の上での朝焼け。人もほとんどおらず静かな中で朝日を拝めて感動しました。街並みが美しい。最終日の朝に相応しい美しい自然の風景です。

f:id:licht-31:20201004223735j:plain

サクレ・クール寺院。朝焼けに染まった姿が神々しかったです。中にはすでに礼拝に訪れている方もいて朝のシャンとした空気に飲み込まれそうになりながらの見学でした。

f:id:licht-31:20201004223739j:plain

サクレクール寺院からテルトル広場を経由して中心地へ帰るべく下がっていきます。

f:id:licht-31:20201004223744j:plain

途中で見つけた窓を登るサンタクロース(左)と、本来ならここで朝食を頂くはずだった映画「アメリ」でお馴染みの「カフェ・デ・ドゥ・ムーラン」(右)。

f:id:licht-31:20201004223748j:plain

そしてムーラン・ルージュ。明るいうちにムーラン・ルージュを見たのは初めてでしたがやっぱりライトアップされる夜に見に来たほうが味があっていいですね。

f:id:licht-31:20201005205532j:plain

夜にきたときのムーラン・ルージュ。5年くらい前の写真です。

10:00 オペラ座

f:id:licht-31:20201004223753j:plain

最低限の写真しか撮らなかったらバスに阻まれてばかりの写真しかなかったので夏に行った時の写真を載せておきます。

f:id:licht-31:20201004223757j:plain

入口を抜けた先に鎮座しているのがこちら。映画「ファンタスティック・ビースト」に出てくるフランス魔法界への入口がこのカスティリオーネ・コロンナ公爵夫人によるピュティア像のスカートの中ですよね…!もしかしたら魔法界にご招待頂けるかも?と思ってしばらく近くにいたんですけど全然招待されませんでした。魔法界マグルに厳しすぎる。

f:id:licht-31:20201004223805j:plain

たぶんバレエシューズでつくられたクリスマスツリー。

f:id:licht-31:20201004223811j:plain

ここ毎回立ち寄ってしまうお気に入りのお部屋です。グラン・ホワイエ。ここがホワイエだと知ったときはうっかり「いやホワイエなんかい!」ってなりました。この美しさ絶対に舞踏会の会場じゃん…。幕間にこんな絢爛豪華な場所で休憩とれるの??すごすぎでは????オペラ座で観るオペラ貴族の嗜みじゃん…。

11:30 カフェ・ド・ラ・ペ

絶対に絶対に行きたいと思っていたカフェにやっと足を踏み入れることが出来ました!感動。オペラ座を設計したガルニエが手掛けたカフェの装飾もオペラ座とまではいかないけれどでもやっぱり華やかで美しい。

オペラ座の隣にあるのですがいかにもお高いですという感じのカフェなので今まで一度も入ることが出来なかったんですよね。でも、やっと来られた~!そしてやっぱりお高い~!ケーキ10ユーロ以上するんか~!

f:id:licht-31:20201005212023j:plain

でもケーキいただきました。サイズは小さめ、味は普通。店員の態度はまあパリっぽいなって感じ。一度体験出来たから次はもういいかな。

14:00 ホテル

空港まではリムジンバスを予約していたので早めにホテルに戻って身支度を整えながらバスを待っていたのですが、やはり渋滞していて到着がまさかの40分近く遅れる事態に。本来は13時頃のバスだったと思うのですが、バスに乗り込んだのは14時ちょい前。しかも1時間ほどで空港に着くという話だったのに、我々を乗せたあともいくつかホテルを巡り結局空港まで2時間近くかかったんじゃないかな…。

初日にバスを予約したときフロントスタッフの人が14時台のバスを提案してくれたんだけど「渋滞が心配」って話をしたら「渋滞がないとは言えない」ってことだったので結局1時間早めた13時のバスをとったんだけど……いい選択だったね…。

16:00 シャルル・ド・ゴール空港

そもそも渋滞してもいいように早めのリムジンバスを予約していたので空港についてからも時間には余裕がありました。なのでとりあえず搭乗時間まではゲート近くのカフェで一息。

f:id:licht-31:20201004223821j:plain

19:00 シャルル・ド・ゴール空港出発

帰りはたいした遅れもなく時刻通りの離陸でした。そして帰りもJAL!!!しかも隣がいない快適な空の旅です。最高。帰りも狂ったように「ファンタスティック・ビースト」を再生しながらときたま数独を楽しみつつ、何度も寝落ちました。

f:id:licht-31:20201004223824j:plain

機内食。メインが謎の料理だったのでほとんど手を付けずでしたがうどんは普通に美味しかった。

f:id:licht-31:20201004223829j:plain

軽食。何度キウイジュースを飲むんだっていうくらいキウイジュース飲みます。次いつJALに乗るか分からないからね…存分に堪能してやりましたよ。ちなみに写真の右側にいるシルバニアファミリーはパリのオペラ街にある百貨店のショーウィンドウに並んでいたものです。クリスマス仕様でかわいかったのでここに入れておきました。

14:55 羽田空港

日付かわり翌日に羽田空港到着です。本当は夕方到着の便がよかったんですけどそうもうまくもいかず。夕方着だと家についたら夜なのでそのまま寝ちゃえば体内時計もそんなに狂わずいられるんですけどね…。

とりあえず空港についたらあらゆるところにある日本語を見て日本に帰ってきた感を味わい、そのまま疲労MAXの身体を引きずって預けていたバゲッジを受け取り忘れないようにWi-Fiを返却してこの旅は終了です。

 

スリにあったり、電車が動いていなかったり、パリは散々ではありましたが怪我なく過ごせたのでなによりでした。初めてのロンドンは感動の連続だったし、パリもなんだかんだ初めてみる景色が多かったのでとても楽しかったです。7年くらい前まで海外には絶対に行きたくないと言っていた人間がまさか海外旅行を楽しむようになるなんて。人生なにが起きるかわかりませんね。

今回のロンドン・パリ旅を経て、海外旅行欲が高まっているのですがいまのご時世国内すらも旅行が難しいので、次に海外へ行けるのはいつになることやら。次また海外へ行けるようになったときにはロンドン、パリどちらもリベンジしたいですね。だって結局ニューカレッジにもヴェルサイユ宮殿にも行けてないんですもん…!

 

ということで長々と誰のためにもならない旅行記にお付き合い頂きありがとうございました。次回は今までお仕事で行った際に巡ったパリの街並みと、一昨年行った台湾のことでもまとめてみようかと思います。機会がありましたらまたどうぞお付き合いください。

 

記事リンク

ロンドン・パリでの愉快な9日間⑧:DAY7 PARIS

f:id:licht-31:20200825211716j:plain

パリ3日目。この日も電車は動かないので徒歩移動です。

3日目のもともとのスケジュールは、サクレクール寺院→カフェ・デ・ドゥ・ムーラン→ムーラン・ルージュヴェルサイユ宮殿ルーブル美術館→ビストロ・ヴィクトワール。絶対にヴェルサイユ宮殿行くという意思のもと組んだスケジュールだったのですが、まったく叶わぬ感じになってしまったので悲しみに暮れながらの3日目です。

ここまでの旅行記まとめ

9:40 ホテル出発

わりかし遅めの出発です。というのもここまでしこたま歩いたのでこのままだとマジで体力がもたないのでは??と心配になったので睡眠に時間を費やしました。休むって大事。

10:30 軍事博物館

ナポレオンが眠る教会に併設された博物館です。もともと軍の病院なんですね。午前中だったからなのか観光客はほとんどいなくて建物内も薄暗くものさみしげな雰囲気でした。正直こわかった。

f:id:licht-31:20200923214546j:plain

f:id:licht-31:20200923214556j:plain

教会の礼拝堂です。

肝心のナポレオンの墓は教会の地下にあるのですが吹き抜けになっていて、真ん中に堂々とこれがそうだなって一発で分かる感じの存在感で棺が置かれています。地下へ降りて見学も出来るのですがとんでもない高さ&大きさの台座の上に棺がおかれているので地上から見学するほうが見やすいです。

12:30 エッフェル塔

エッフェル塔には公園?側から向かいました。公園側のほうが写真が綺麗に撮れるんですよね。ちなみに初めてエッフェル塔を見に来た6年前は敷地内も自由に入れたのですが今はテロなどがあったからなのか敷地はフェンスで覆われていて手荷物検査を受けないと中に入れないようになっています。ちなみに私はエッフェル塔に登る勇気はないので今回も敷地内には入りませんでしたし、いまだかつて一度もエッフェル塔に登ったことはありません。

f:id:licht-31:20200923214601j:plain

右側の写真は回転木馬の先にあるイエナ橋(セーヌ川)を渡ったところから撮影しました。旗がなければいい写真だったのにな~。

f:id:licht-31:20200923214606j:plain

下から撮るとこんな感じ。いつも改修工事してる気がする。

13:00 ギメ東洋美術館

外観すら写真を撮るのを忘れていました。パリは圧倒的に撮影した写真の枚数が少ないのですがパリが楽しくなかったとかそういうわけではなくて、単純に疲れていて写真を撮ることさえも忘れていたっていう感じです。スリに遭った時点で私の疲労はMAXです。

写真を撮り忘れてただけならよかったのですが、ギメ東洋美術館に関してはそんなに長い時間いなかったので、どんな展示物があったかも忘れかけています…。日本や中国のものが展示されていたような…。地下のカフェで一息ついたことははっきり覚えているんですけどね。ちなみにギメ東洋美術館もミュージアムパスで入館出来るのでミュージアムパスほんとにお得です。

14:45 凱旋門

凱旋門の下に入るのっていつから有料になったんです?!地下に潜ったらチケット売り場があってびっくりしちゃいました。パリに来ても凱旋門はほとんど見に来ないし、真下になんてそれこそ4年くらい行ってないから知らなかった…そうなんだ…びっくりしちゃった…。

f:id:licht-31:20200923214612j:plain

初めてきた頃はすごい人で賑わっていた凱旋門でしたが有料になったからか閑散としていました。人って正直よね。

15:00 シャンゼリゼ通り

シャンゼリゼ通りはカフェやレストランはじめたくさんお店があるので歩いているだけで楽しいっちゃ楽しいんですけどお土産を買う感じのお店はあまりないし、レストランには過去2回チャレンジしているんですがどちらも店選びを失敗しているので、結局どこのお店に入るわけでもなくMONOPRIXに入ってお土産買いました。安くてなんでも揃うMONOPRIX最高。ついでに小腹満たせそうなお菓子を買ってコンコルド広場近くのベンチで小腹を満たし、ゆっくりしながらルーブル美術館へ向かいます。

15:45 オランジュリー美術館

パリで最も好きな美術館です。何年か前にお仕事で来た時におすすめしてもらった美術館で、おすすめして頂いてからは毎年訪れています。モネの「睡蓮」が壁一面に展示されている睡蓮の間が最高に美しくこの空間にいるだけで穏やかな気持ちになれます。

f:id:licht-31:20200923214619j:plain

睡蓮の一部ですがこんな感じで壁の曲線に沿って睡蓮が飾られています。360度どこを観ても睡蓮。一人で来るときは部屋の真ん中にある椅子に座ってそれこそ20分くらい何をするわけでもなく睡蓮を眺めるのですが、何度観てもどれだけ観ていても飽きません。最高です。

f:id:licht-31:20200923214624j:plain

この画の色使いが好きでした。ポール・シニャック。初めて聞いたお名前です。

16:30 ルーブル美術館

f:id:licht-31:20200923214628j:plain

陽が落ちかけたルーブル美術館。水曜日の夜間開館を狙ってきたのでこの時間でも閉館に追われることなく心に余裕があります。とは言えルーブル美術館は一週間くらい時間がないと観きれないくらい広いので、事前に決めてきた「絶対観たいリスト」をもとにお目当ての場所へ向かいます。

ただこれが一番大変なんですよね。地図があってもどこがどこだか全然分からない。広すぎ。どっっっっっっから上がるのよ?!階段なくない?!?!ってすごく文句言いながら歩いてました。実際あまりにも階段が見つからなくていくつか見れず仕舞いになったものもあり…。ルーブル美術館ほんと迷路です。

f:id:licht-31:20200923214633j:plain

ミロのヴィーナス(左)。毎回思うんですけど思ったより大きくないんですよね。勝手なイメージで4~5mくらいあると思いこんでいたので。そしてカバ(右)。大英博物館でも出会った古代エジプトの副葬品(?)。ちなみに私は大英博物館でこの副葬品のレプリカを買いました。カバではなくベスのほうね。ツイッターで話題になったやつ。サイズもちょうどいいのでデスクに飾ってます。

f:id:licht-31:20200923214637j:plain

ルーブル美術館は絵画や彫刻等々すごい数あるのでそれだけでも観るのが大変なんですけど、天井や壁などの装飾も凄まじく鮮やかで繊細で美しいので上みて右みて左みてとかなり大変です。ほんと天井すごすぎません?!オペラ座の天井も好きだけどルーブル美術館の天井も細かなところまで美しくて好きです。

f:id:licht-31:20200923214642j:plain

f:id:licht-31:20200923214645j:plain

サモトラケのニケ。階段の踊り場の台座に堂々と鎮座している姿がまあすごい。存在感が強い。そもそもこの踊り場に「ダリュの階段踊り場」なんて名前がついていることすら初めて知った。

f:id:licht-31:20200923214649j:plain

民衆を導く自由の女神」と「ルイ15世の王冠」。「民衆を導く自由の女神」は何度行ってもやっぱり観ちゃいますね。たった1枚の画だけどこの中にたくさんの歴史と想いがつまってるんだろうな~って。海外の歴史に明るくないからアバウトにしか思えないのがつらいけどでもルーブルに行くたび観ちゃうな…。ほんとこれを機に世界史も勉強しような…。

f:id:licht-31:20201005204322j:plain

モナ・リザ」(左)と「マルリーの馬」(右)。初回更新時、写真載せていませんでしたがせっかくなので載せ直しました。それにしても「マルリーの馬」真下から観すぎて写真だと何がなにやらって感じですね。

f:id:licht-31:20200923214654j:plain

かなり厳選してまわったつもりでしたが、出たら外真っ暗でした。もう夜よ。

18:00 ビストロ・ヴィクトワール

お夕飯は友人がチェックしてくれていたお店で食べました。パレ・ロワイヤルの近くなのでルーブル美術館からも歩いて10分かからないくらいのビストロです。頼んだのはペンネ。味は可もなく不可もなしという感じです。海外なのでこんなものかなと。

f:id:licht-31:20200923214657j:plain

ご飯を食べたあとは腹ごなしに歩いてホテルまで戻りました。会社帰りの人波にのった感じがあったのでそこまで気を張ることなく帰れた感じです。

そして次はいよいよ帰国日。長かったようで短かったロンドン・パリ旅行も終わりを迎えます。日本に帰りたくない気持ちでいっぱいだけど、足が限界でもうこれ以上歩けないパリ最終日。果たして我々の足はどうなってしまうのか…?!お楽しみにどうぞ。

 

記事リンク

ロンドン・パリでの愉快な9日間⑦:DAY6 PARIS

f:id:licht-31:20200825211716j:plain

前回書いた通り、到着した瞬間からパリは電車がまったく動いていない状況だったので寝る前に泣く泣くスケジュールの練り直しをしました。悔しい。今回こそ絶対にヴェルサイユ宮殿に行くって決めてたのに。

ちなみに練り直す前の2日目のスケジュールは、電車を存分に駆使してパスティーユ広場→ノートルダム大聖堂→サント・シャペル→パンテオンオルセー美術館→軍事博物館→エッフェル塔凱旋門シャンゼリゼ通りの順で巡り、シャンゼリゼ通り〜レ・アル駅まで歩きながらショッピングをするという、なかなか忙しいスケジュールでした。そんなスケジュールがどのように変更になったのか。てんやわんやのパリ2日目です。

ここまでの旅行記まとめ

 

9:50 ホテル出発

ホテルを出てまず向かう先はオペラ座です。オペラ座はパリ滞在最終日に行くつもりでいたのですが、明確な休業日が調べてもわからなかったのでとりあえずスケジュール通りオペラ座見学出来るかだけ先に確認しに行きました。

10:00 オペラ通り

オペラ座の営業日を確認したあとは、オペラ通りをフラフラしながらオルセー美術館に向かいます。オペラ座近くにあるクッキー屋さん「LA CURE GOURMANDE」でお菓子の量り売りを、書店「Brentano's」で雑貨を買いたかったので、とりあえず往路から荷物増やしました。(どうせホテル近いんだから最終日に買えばよかった)

その後、オペラ通りをひたすら真っ直ぐ進みルーヴル美術館の敷地を抜けてセーヌ川を渡ります。ちなみにこの時間でも道路はまだ渋滞していました。電車動いてないからしかたないよね…。

10:30 オルセー美術館

パリは今回で7回目ですが、何故かいまだかつてオルセー美術館にだけ入ったことがなかったので今回初オルセーです。

f:id:licht-31:20200923200725j:plain

f:id:licht-31:20200923201031j:plain

エントランスがドーム状になっていたので、天井近くまで登って上から展示物を眺めてみました。この写真だけ見ると駅舎のようにも見えますね。

f:id:licht-31:20200923201418j:plain

こ、これはルノワールだ~~~~~~~!こんな無知な私でも知っている絵画がたくさんあって本当に心踊りました。「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」はさすがの私でも知ってる。鮮やかで艶やかで100年以上も昔に描かれたとは思えないほど美しい状態で展示されているのすごすぎでは。

f:id:licht-31:20200923201910j:plain

モネの「日傘の女」。ふたつ並んでいるとドキドキしますね。同じ場所に立っていても影のでき方が違ったり、緑の葉の量が違ったり、雲の勢いが違ったり、見比べるのがとても楽しい。俄然「散歩、日傘をさす女性」が観たくなりました。

睡蓮も好きだから個人的にモネの作風が好きなんだと思います。

そのあとも時間に制限はあれど、おさえておきたいものは全部観たいという精神で早足で観てまわりました。館内にはこんなおしゃれなカフェもあったのに、時間がないばかりに立ち寄ることもできず仕舞い。次回に期待したいと思います。

f:id:licht-31:20200923202917j:plain

12:00 パンテオン

本来ならばオルセー美術館のあとはサント・シャペルに行く予定だったのですが不審物でも見つかったのか一時閉鎖されてしまい、いつ再開するかも分からなかったのでとりあえず先にパンテオンに向かいました。

f:id:licht-31:20200923203320j:plain

なんだかんだパンテオンも初めてです。毎回毎回行こうと思ってシテ島を抜けてセーヌ川は渡るんですが、どうしてもその先にある書店「Album Comics」で毎回意味分からないくらい時間を使ってしまうんでパンテオンにまで辿り着かないんですよね。

f:id:licht-31:20200923203742j:plain

パリが歩んできた激動の時代を垣間見ているようです。とは言え詳しく知っているわけでもないので、こういう場所に行くと自分の無知さ加減に呆れて自己嫌悪に陥ります。勉強って大切だな。

13:00 カフェ

戻ってきたあともサント・シャペルはまだ閉館中だったので道対面にあったレストラン「Le Soleil d'Or」で先に昼食をとりました。

f:id:licht-31:20200923204936j:plain

サイズを比較出来るものと一緒に撮影すればよかったんですがあまりの大きさに驚き過ぎてそのまま写真撮ってしまいました。私が知っているホットドッグの大きさじゃないんだよな~。30cm近くあったように思います。しかもたっぷりのチーズ。結局食べ切れず半分で断念しました。

14:00 サント・シャペル

時間適当です。なんだかんだご飯食べたあともゆっくりしたので1時間くらいはカフェにいたような気がします。それまで入場待機で入口にはそれなりに長い列が出来ていたんですが気づいたら列がなくなっていたので重い腰をあげて向かったらいつの間にか開館していました。ただ敷地への入場待機列がなくなったとは言え、敷地内には礼拝堂への入場列が出来ていたので結局入場待ちです。陽が当たらなさすぎて凍えるかと思った。

f:id:licht-31:20200923205549j:plain

やっとの思いで窓口についたらスタッフの人に「ミュージアムパス持ってるなら並ばなくていいんだよ?」的なことを言われ(我々が並んでいたのはチケット購入の列だったらしい)、我々が過ごしたただ凍えただけのこの時間はなんだったんだって感じです。案内出しておいてほしい。

サント・シャペルはステンドグラスの美しさがパリ随一と聞いてはいたものの今まで来れる機会がなく、ここも初めてでした。パリで一番楽しみにしていたのがこのサント・シャペルです。

f:id:licht-31:20200923205851j:plain

f:id:licht-31:20200923205854j:plain

え~~~~~~~~~~~~~もう美しい。入ってすぐ美しい。2階の礼拝堂はよく写真でみるので美しいであろうことは想像出来ているのですが、まさか1階からすでに美しいなんて。

f:id:licht-31:20200923205859j:plain

1階は天井もそんなに高くないのでステンドグラスは肉眼でもちゃんと細かなところまで見られました。素敵。なお、この時点ですでに混雑しています。1階でここまで混雑するなんて2階はどうなっているんだ……と思いつつ、螺旋階段を登ります。

f:id:licht-31:20200923205904j:plain

f:id:licht-31:20200923205908j:plain

あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~美しい。たくさんの人がいて話し声も聞こえるのにステンドグラスの荘厳な姿が人間の存在を蹴散らしてくれるので十分に集中して見惚れることが出来ます。ステンドグラスには聖書の物語が描かれているということで目を凝らして一枚ずつ見ていくのですが、天井が高すぎて私の視力では半分から上はただただ美しいガラスにしか見えませんでした。双眼鏡持ってくればよかった。

f:id:licht-31:20200923205913j:plain

こんな感じにこまかに物語が刻まれています。

ステンドグラスの解説が入った案内板(硬質ケース入り)がいくつかおいてあるので各ステンドグラスどんな物語を描いているのかは案内板を見たほうがわかりやすいです。ただ数に限りがあるので案内板がないこともあるようです。(日本語はわりかし数が少なかった)

16:00 シャトレ-レ・アル駅

レ・アル駅はショッピングモール「フォーラム・デ・アール」直結なのでちょっとしたお買い物をするのに便利です。MONOPRIXやロクシタンH&M等々、日本でも有名なお店もあってそれだけでも楽しいのですが、個人的には一通りまわってみてほしいですね。地下4階まであるので全てまわると時間はかかりますが、かわいらしい雑貨が売っていたり、日本のゲームが売っていたり(夏に行ったとき何故か店内BGMがシドだった)するので、お土産はだいたいここでどうにかなる印象。いまもあるかわかりませんが、地下4階、駅改札の近くにあるカバン屋さんがなかなかにかわいいカバンを売っているのでおすすめです。

18:00 ホテル

そんなこんなで徒歩で巡るパリ2日目は滞りなく終了。残り1日半のパリもずっと徒歩なので早々にお風呂に入って、休息時間で足を休めつつ就寝です。

いよいよパリも残すところ1.5日。次回「私の足はもう限界だ」もどうぞお楽しみに。

 

記事リンク

ロンドン・パリでの愉快な9日間⑥:DAY5 LONDON→PARIS

f:id:licht-31:20200825211716j:plain

今までお伝えしていませんでしたが、昨年12月パリでは鉄道会社職員によるストライキ、デモが行われていて、渡航中も収束せず、パリ移動日になっても市内の鉄道はほとんどが動いていない状況でした。この時点でパリを予定通りに巡ることは困難な状況。そして、パリに着いた瞬間まさかのダブルパンチで警察のお世話に…?!ドキドキのロンドン最終日&パリ初日開幕です。

 

ここまでの旅行記まとめ

 

7:40 ホテル出発

前日早めにホテルに戻ってきたのに翌日また早朝から出かけるという鬼スケジュールで睡眠はもちろん足りてないんですが、これもロンドンで見たいもの、やりたいことを制覇するため…と老体に鞭を打って起きました。

8:10 クレアモント・スクエア

ホテル近くからバスに乗って一本。クレアモント・スクエアまで直通とはいかなかったので最寄りのバス停で降りて歩きました。それよりもクレアモント・スクエアは一体なんなんだってね。

みなさんご存知シリウス・ブラックさんのご実家がある地区です。

f:id:licht-31:20200902212408j:plain

ここです!右が不死鳥の騎士団でハリーが初めてブラック家を訪れたときにムーディーたちと一緒に姿現しした公園で、左側がブラック家があるアパートメント。観光地でもなんでもなくただの住宅街です。

なんかもうすごいね?!?!?ハリー・ポッターの世界ではシリウスやレギュラスがこの地区を歩いている可能性が十分にあって……………え、すご…………やば……………オリオンやヴァルブルガも歩くのかな………煙突飛行ネットワークでしか移動しなさそうな気もするけど……………。

f:id:licht-31:20200902212412j:plain

映画ではムーディーが杖をアスファルトに打ち付けるとこの建物の間からひょっこりブラック家が出てきますよね。私もアスファルト強めに叩いてみたくなりましたけど一応大人なので我慢しました。そのかわり、旅の合間にクレアモント・スクエアの家賃めちゃくちゃ調べました。住みたい。

8:45 Speedy's Bar & Cafe

クレアモント・スクエアから大通りに出たらバス停があったのでバス移動です。本当は徒歩と電車での移動の予定だったんですけど、疲労には勝てませんでした。目の前にバス停あったらそりゃバス乗るよ。

向かった先は、SHERLOCKの世界の221Bがお隣にあるSpeedy's Cafe!

f:id:licht-31:20200902212416j:plain

ドラマで観たまんまだ~~~~~~~~~~~~~~~。すごい!お隣221Bじゃないけど221Bだ!

f:id:licht-31:20200902212419j:plain

お店の中にオフショットがたくさん飾ってあるすごい!撮影の許可頂いたのでめちゃくちゃ写真撮らせてもらいました。店主のおじさん見た目ちょっとこわいけど優しいし、お店はクリスマス仕様ですごくかわいかった~。

朝早く行ったわりには私たちのほかにもアジア系のSHERLOCKファンと思わしき方がいらっしゃったのでSHERLOCKファンは本当によく来るんでしょうね。ちなみに席数はそんなに多くなく、私たちが入ってからすぐに満席になり、その後もしばらくは入れ替わりはあれど満席でした。

f:id:licht-31:20200902212421j:plain

頼んだメニューはもちろん「Sherlock Breakfast」。海外のトマトをグリルする習慣は受け入れがたいし、「Speedy's Breakfast」のほうが美味しそうだったけど、シャーロックの名のつくメニューは絶対に食べたい。パリで食べる朝ごはんも(トマト以外は)毎度毎度こんな感じなので慣れた感じの食事出てきたなって思いつつ穏やかな気持ちで食べられました。マッシュルーム美味しい。

9:50 シャーロック・ホームズ博物館

f:id:licht-31:20200902212424j:plain

10時オープンですが待ちきれずにオープン前に到着しました。そしたらなんとすでに1組並んでいました。人のことは言えないが早すぎやしないか………。写真の右側にある派手な扉はミュージアムのチケット売り場兼グッズ販売館。そして左側が221Bへの入口です!更に221Bの左側にあるSHERLOCK HOLMES MUSEUMの看板のところが221Bへの入場列です。本来は入場待ちの際に並ぶのですがオープン前だったのでチケット購入待ちの列でした。

10時になったらグッズ販売館の扉が開き、そのままレジでチケット購入。チケット購入後はそのまま博物館に入ってもよし、グッズを先に見てもよし、自由な感じです。ただ博物館は一度に入館出来る人数が決まっているようなので、早めに入るのが吉です。

221Bに入るとそのまま2階にあがり、2階でまずはスタッフから案内を受けます。その後はホームズ、ワトソンのお部屋を自由に見学し、次のお客さんが上がってくるまでに2階を出て3階へ向かう感じです。なお、3階から上はスタッフの案内はないので自由に見学が出来ます。

f:id:licht-31:20200902212428j:plain

すごいうつくしい

f:id:licht-31:20200902212433j:plain

f:id:licht-31:20200902212434j:plain

f:id:licht-31:20200902212437j:plain

最後の写真の真ん中!ホームズのシルエットが壁に投影されるように配置されているのが素敵すぎてアガった。

f:id:licht-31:20200916212507j:plain

f:id:licht-31:20200916212511j:plain

f:id:licht-31:20200916212515j:plain

本当に本当にホームズとワトソンのお部屋だと思ったら胸がいっぱいになって各フロアで泣きそうになりました。写真は展示品の一部でしかなくて、実際はもっとたくさんあるんだけど載せるときりがないんで現地まで観に行ってください。

それにしても小学生の頃から長きに渡りシャーロック・ホームズに憧れ続けた甲斐がありました。まさか生きているうちに221Bを訪れることが出来るなんて思ってもなかった。いま人生が終わっても後悔はないなって感じです。

11:10 ベイカー・ストリート駅

f:id:licht-31:20200916213338j:plain

ホームズ博物館の最寄り駅です。ハリー・ポッターのスタジオツアーの帰りにも使った駅ですがあのときは夜遅かったので特に探索せずでしたので、今回はちゃんとホームズ像観てきました!

f:id:licht-31:20200916213344j:plain
ん~~~~~~~~~~~~~~逆光!暗い!しかも天気悪い!

ホームズは本当に人気で色んな人がこの像を写真におさめていました。ただこの像台座の部分だけでもたぶん50~60cmあるので並んで写真撮るの結構大変。子供なんか台座と写真撮ってるんか???っていうくらいかわいそうだった。

f:id:licht-31:20200916213537j:plain

ホームの壁もちゃんとホームズ仕様。ちなみにこのホームズが描かれている部分はどうなっているかというと

f:id:licht-31:20200916213607j:plain

ちっちゃいホームズがたくさんいます。かわいい。

11:30 ホテル

朝チェックアウトしたときにキャリーケースをフロントに預けていたのでピックアップしてパリへ移動前ラストの荷物整理です。まあラストって言ってもユーロスターで移動するのでどこかに荷物を預けたりとかはしないんでいつでも開けられるんですけどね。

ホテルを出るとドアマンの方がどこに行くのか尋ねてくれて、駅に行くことを伝えると「タクシー止めたるっ!!!!」と言い出し…いや一度くらいロンドンでタクシーに乗りたいな、とは思っていたけど…でも心の準備ってあるじゃん?(パリでタクシー乗ると毎回ボッタクられるので海外では更に小心者になる)そんな急に言われても心の準備出来ない無理と思って「いやほんと大丈夫、無理」って結構強めに断ったけど結局押し切られて気づいたらタクシー乗ってました。電車移動よりタクシーのほうがいいなんて当たり前のこと言われたら勝てない。とりあえずボッタクられず、運転手さんにも変な薬品を飲まされずに済んだので安心しました。(SHERLOCKの観過ぎ)

12:00 キングス・クロス駅

f:id:licht-31:20200916214601j:plain

映画に出てくるキングス・クロス駅の外装は実際のセントパンクラス駅なんですがとりあえずまずはキングス・クロス駅。

f:id:licht-31:20200916214709j:plain

コンコースがめちゃくちゃおしゃれな上に、めちゃくちゃ広い。みんなよく迷子にならないな???電光掲示板も空港なんか?????っていうくらい色んな番線の情報が載っているから明るさで目が痛くなる。

f:id:licht-31:20200916214837j:plain

映画の9 3/4番線は4番線、5番線で撮影されているはずですが、実際のキングス・クロス駅の9番線、10番線も見てみたいなと思い遠目から見てきました。あのカート押して改札通るの大変そう。

f:id:licht-31:20200916215011j:plain

そしてお目当ての9 3/4番線!スタッフがいて写真が撮れるようになっていますがスタッフはとなりのグッズ売り場で購入出来る記念写真を撮ってくれるだけなのでスマホに写真をおさめたい場合は2人以上で行ってお互いに撮影し合うのが一番楽で安心です。

あとここまで色々なところ観光してきましたが一番並んだのはなんとこの9 3/4番線でした。写真撮るだけなのにめちゃくちゃ並ぶ。電車の時間がある人は早めに行くことをおすすめします。

13:00 セント・パンクラス

f:id:licht-31:20200916215420j:plain

ほ、本物じゃないけど本物のキングス・クロス駅だーーーーーッ!ロンがアーサーの車を飛ばしたまさにあのキングス・クロス駅!実際のキングス・クロス駅の隣にあるので迷子になることなく到着します。

今回パリに移動するのはこの駅からです。14:22発のユーロスターに乗るので、チェックイン開始時刻(出発の1時間半前)ちょうどに出国審査を通って、そのあとは電車が来るまで中にあるカフェでファンタオレンジを飲んで過ごしました。

f:id:licht-31:20200916215733j:plain

14:22 セントパンクラス駅出発

ユーロスターはちゃんとしているだけあって購入した座席がないなんてことはありませんでした。キャリーケースを転がしながらの移動が大変過ぎてここから先は写真はありません。ただ事件は発生します。

17:47 ノード駅

パリ到着です。ちなみにここからパリ時間です。時差含めて時間通りの到着だったと思います。そしてここから大変な事件が幕を開けます。パリは鉄道会社職員によるストライキで電車が動いていませんので、ホテルまではタクシーに乗るか歩くかの2択だったのですが、タクシーは何度かボラれた経験があり、ノード駅周辺は歩くには危険過ぎるので迷いに迷っていたところ、RER B線が動くという情報を入手したのでとりあえずホテルの近くまでいけるB線に乗ることに。

この選択が失敗だったんですけどね。

18:00 まさかのスリに遭う

いつもはそんなこと絶対にしないんですが、今回ばかりはキャリーケースを抱えて階段を降りなくてはいけなくて、カバンに入らなかったスマホをコートのポケットの奥底に沈ませたんです。それでキャリーケースを抱えて階段を降りていたら、もうちょいで降り終わる…というときに、後ろから黒人のお兄さんが飛んできて(結構マジで飛んできた)、そのまま階段の対面にあった壁に転がりながら衝突。しかもお兄さんが転がった瞬間、屈強なお兄さんが馬乗りになって両手拘束しだすの。え、こわ。こわすぎよ。

テロとか事件だったら危ないしこわいなと思って何事かと周りをみたら、後ろから恰幅よい優しそうなおじさんに肩を叩かれて「コートに入れたスマホが入っているか確認してください」と言われ…。ハッとしてスマホを探すもポケットにスマホはなく。スられた!!!!!!!!え?!?!?!スられた?!?!?!?!?!?と一瞬ですごい量の冷や汗をかき混乱しました。

とりあえずおじさんに「スマホはあるから安心して、とりあえず警察まで着いてきて」と言われ疑心暗鬼になりながらちゃんとおじさんを見たらなんとポリスマン。ちゃんと腕章つけてる。恰幅のよいおじさんと屈強なお兄さんともに私服警官だったんですよね。こんな人が多い時間帯にキャリーケース転がして観光客感丸出しにしてる私なんて格好の標的。でもそう思ったのは窃盗をはたらいたお兄さんだけじゃなかった。私服警官のおじさんとお兄さんありがと~~~~~~!

その後、窃盗犯をがっちりと掴んだままズンズン進んでいく屈強なお兄さんに若干ビビリながらも、ずっと優しく微笑みながら寄り添ってくれるおじさんを神のように崇めつつ交番に向かいました。ただ交番について早々、次の任務に向かうらしいおじさんとお別れしなくてはいけなくてマジで泣きそうでした。あんなに優しくしてくれたおじさんとお別れ…?私はこのあとどうすれば…???しかも、最後まで担当してくれるのは窃盗犯を突き飛ばして馬乗りになって捕まえてたあの屈強なお兄さん。え~~~~~~こわい。まじでこわい。でもおじさんは笑顔で去っていってしまう。内心メソメソ、ドキドキしながら屈強なお兄さんが書類を諸々作成してくれるのを待っていたのですが、大変驚くべきことにこの時点まで私は一度も自分のスマホの無事を確認出来ていないんですよ。二重にこわい。死守してくれたの本当に私のスマホなのか?????ってずっと心臓バクバクでした。

結局、書類が書き終わる終盤くらいにお兄さんが私のかわいいかわいいスマホちゃんを取調室?ぽいところから持ってきてくれて(書類にスマホの特徴、一緒に盗まれたものの詳細を書くために持ってきただけなので私の手元にはまだ戻ってこない)、遠目とは言えようやく自分のかわいいスマホちゃんの姿を拝めたので安心しました。ただ安心したら安心したでこんな私の不注意で時間をとってしまったことを申し訳なくなり、友人にめちゃくちゃ謝りました。

書類は基本的に警察のお兄さんが書いてくれるのでこちらはパスポートを見せて、職業を記入するだけで終了でした。どれくらい交番にいたかわかりませんが、体感では6時間くらいいた気分です。(さすがにそんなにいない、たぶん30~50分くらい)

その後はこわいと思っていた屈強なお兄さんが親切にタクシー乗り場まで案内してくれて、結局タクシーに乗ってホテルに向かったのですが、交通網が麻痺しているせいでタクシー需要爆上がりの、タクシー料金爆上げ&激混みという状況でした。絶対タクシー高いとは思ったけどほんと~~~~~~~~~~~~に高かった。相乗りしたイギリス紳士にまで高額ふっかけてたから、たぶんどのタクシーもこんな感じだったんだろうなと思って諦めましたけど。

とりあえず今後パリ市内はキャリーケースを持って移動しないと心に決めました。

20:00 ホテル到着

f:id:licht-31:20200917205307j:plain

パリで宿泊したのはオペラ地区にあるコロナ・オペラ。今の時期このホテル名で謂れ無い差別を受けていないか心配ですが、なかなかに良いホテルでした。ホテル自体そんなに大きくないからお部屋は狭いんだけど、滞在期間中にいらしたフロントスタッフは全ての人優しかった。

ホテルに到着して早々に帰りの足を心配してくれて空港までの循環バスを手配してくれたり、いつも笑顔で出迎えてくれたり、帰りの日に循環バスが遅れていることを直ぐさま知らせてくれたり、本当にみんないい人…ありがたい…。ただ一点あるとすれば製造年いつ?!?!やばくない?!?!大丈夫?!っていうくらい時代を感じる、且つキャリーケース持ってたら一人ずつしか乗れないっていう激古&激狭エレベーターがこわかったです。一人で中に取り残されたら死って思った。

とりあえずホテルにチェックインして、エレベーターにも打ち勝った(乗り方が分からなくてあたふたしていたらフロントスタッフが駆けてきてくれた)我々は、すっかり疲れてしまったので近くにスーパーが3軒(そのうち1軒は通りに出てすぐ)あることを確認して、そそくさと買い出しにだけ向かい、ホテルでゆっくりとお夕飯をとりました。

 

たがしかし、パリ1日目はこれでは終わらない。

なぜならパリ市内の鉄道が動いていないため我々が日本で立ててきたスケジュールを敢行することはもはや不可能。スケジュールを立て直す必要があったのです……。パリ6回目にしてやっとヴェルサイユ宮殿に行けると思っていたのに…………まさかのヴェルサイユ宮殿を削らなくてはいけなかったのです……………。悔しすぎでは……。

そんなこんなで2日目からは、あそこまで徒歩!ここからも徒歩!ず~~~~~~~っと徒歩!という徒歩移動のパリ市内観光の模様をお届けします。

 

記事リンク